Giro d'ITALIA 開幕直前記念3

近年のツール、とくにアームストロングが去ってからはドーピングスキャンダルの嵐が吹き荒れておりますが。
ジロでは、前出のアームストロングがツールを連覇している頃にドーピングスキャンダルの嵐が吹いていたといってもよいのではないでしょうか。
1999年はマリアローザだったパンターニが第21ステージを前にヘマトクリット値の異常により棄権に追い込まれ。
2001年はシモーニと総合を争っていたフリーゴが所属チームの薬物規定違反を理由に解雇され。
2002年はガルゼッリのドーピング疑惑とシモーニのコカインキャラメル事件という過去の優勝者達にスキャンダルが発生し最悪の事態に。
レース中の目立ったスキャンダルはこんなところだと思いますが。
最近はレース後にドーピング若しくはスキャンダルに巻き込まれたケースが目立ちます。
2006年の1位バッソ、2位グティエレス。
2007年の3位マッツォレーニ。
2008年の2位リッコ。
振り返るといろいろ過ぎるくらいにいろいろありました。





c0093101_22304330.jpg


観客としては最後まで集中して見ていたい。
何も起きないでいて欲しいと思うわけで。
其れを祈ります。
by astronautics | 2009-05-08 12:00 | 盆栽実況中継
<< タイムがここにきて見せた柔軟さの謎 Seventeen Years >>