シーズンはとうに開幕している

パリ・ニースやティレノアドレアティコからシーズンの開幕かと思っていたら最近では事情が違うらしい。
年始からオーストラリアに行き、次いではアラブの国々を転戦するようだ。
自転車競技の世界的な広がりを受けてのことだろうが選手は忙しいに違いない。
情報サイトに眼を向ければイワノフはロシアチャンピオンカラーの自転車を作ってもらっていた。
ペタッキの靴はガエルネに変わり。
それにしてもペタッキ。
甘いマスクとはこういうことを云うのか。
c0093101_19574232.jpg
c0093101_19575144.jpg
c0093101_19575751.jpg
c0093101_19584956.jpg
c0093101_1958414.jpg
BMCレーシングのヒンカピーはしっかりとアメリカチャンピオンのフレームを用意している。
しかも、SLX-01という中級グレード。
アメリカ柄のフレームはカッコ善いが。
ひとたび、こゝろが冷静さを取り戻すとおめでた過ぎやしないか?という疑念も湧いてくる。
K-EDGEのチェーンプロテクターまでも星条旗になっている点はお見事というか、勉強になりますというほかはない。
エヴァンスのSLC-01は世界チャンピオンだけれどイマイチなカラーリング。
きっとダウンチューブのロゴの入り具合が善くないのだろう。
ところで、ハイエンドのSLR-01には誰も乗らないわけ?
by astronautics | 2010-02-03 23:20 | 盆栽実況中継
<< フミーはレディオシャックか 明日のホィールを考える会154 >>