北からキタ北の地獄

昨日届いた北の地獄を見た。
NHKのドキュメンタリーらしい。
古き良き時代。
1998のパリルーベ。
ロットチームのアンドレイ・チミルに密着。
ネオプロ初々しいディルクセンスも見る事が出来る。
といっても30歳の遅咲き。
まだヘルメット規制のない時代。
荒れた石畳を疾走するこのレースであってもモンカッサンのようにヘルメットはおろか、キャップすら被っていない選手も居る。
このレースはMAPEIチームの完璧なレース運び。
逃げにはベルギーチャンピオンのステルスを送り込み。
しかし、ムセウはアーレンベルグで落車により膝を破壊してしまう。
そして優勝したのは今は亡きバッレリーニ。
圧倒的な勝利。
c0093101_0382413.jpg

c0093101_0382688.jpg

c0093101_0382569.jpg

c0093101_0382743.jpg

c0093101_0382625.jpg
保存状態が善かったのか。
映像は美しいままだった。
とてもありがたい一枚。
ロードレースシーンを語るうえでは宝物といえる一枚。

ありがとうございました。
by astronautics | 2010-11-11 23:30 | 盆栽実況中継
<< やはりヘルメットはそのまま被る... Morning Scapes >>