TT馬鹿一代7

オリンピックにおけるウィギンスのTTバイクが教えてくれた事。
今までのわたしのこだわりをすべて拭ってくれた。
其れは。
ステアリング部はエアロヒンジでなければならない。
ステムはトップチューブからひと続きになり。
ホリゾンタルが望ましく、バックステーは小さく。
前ブレーキや後ろブレーキはオモテから見えない仕様に。
其の全てを否定してくれた謎のフレーム。
一見からすると、なんでもないロードのエアロフレームに見えなくもない。
しかも、ウィギンス。
このフレームにおいては機械式変速。
普段はDi2のはずだった。
c0093101_20121569.jpg

c0093101_20121341.jpg

c0093101_20121083.jpg

c0093101_20122064.jpg

c0093101_2012862.jpg
勝てば官軍。
負ければ賊軍。
とでも云うように。
この官フレームは。
乱暴なことを云ってしまうと。
なんでもいいんだぜ的な。
こだわりを捨て去ったかのようなスッキリ感すら残してくれた。
by astronautics | 2012-08-05 23:50 | 自転車とヨシダ
<< I Get Nervous ブラボー >>