IF、もし組むのであれば

作業台に載ったIF。
盆栽屋のスペヒャルSSR。
ついに。
組むのか。
組めんのか。
否。
まだ組めない。
組み付けの準備をしなくてはならない。
パーツは揃っただけでは無く。
パーツは素材。
素材には下処理が必要なのである。
c0093101_1652313.jpg
メインコンポーネントはSRAMにしたんだけど。
クランクセットはROTORにすることにした。
楕円の効能やアルミクランクの剛性はおいといて。
先ずは、カッコいいじゃあないか。
そういったリスペクト。
確かにある。
さらに、最軽量グレードの3Dプラスは通常はBB30規格なのだけど、オリジナルのアダプターを介せば、IFのようなネジ切りのクラシックタイプのBBにも取り付けることができるという。
そういった規格を飛び越えた企画にもワクワクするわけである。
c0093101_16523477.jpg
ただ、3Dプラス。
オリジナルのBBアダプターの入荷がいつになっても無いのも問題だったが。
根本的な問題も抱えていた。
其れは一目瞭然。
c0093101_16523554.jpg
クランクの中心部分が赤い。
この赤でレーシング機材のハイエンド感を演出してくれているのだろうが。
残念なことに、ミーのアイエフには合わない。
もう、やめましょうよ。
こういうデザイン。
そこにリスペクトはない。
c0093101_16583486.jpg
c0093101_16523662.jpg
リスペクトがないので右側は3DFの黒いボルトに変更。
左側は塗って誤摩化すことにした。
こうして赤い星は消えた。
いつだったかの時代がそうだったように。
モノトーンの空気。
ゴツゴツとした造りでじゅうぶん存在感があるよ。
カラフルなフレームと共存しておくれ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_16523649.jpg

by astronautics | 2013-01-06 23:50 | 自転車とヨシダ
<< A Whiter Shade ... XL振興会 >>