IF、もし組むのであれば

IFを組み上げた。
展示台にあるときの長さは悠久のときを越え。
11か月。
組めば一瞬の輝きに思える。
そうだ。
これからのほうが長い。
そう思いたい。
c0093101_2082878.jpg
c0093101_23572192.jpg
はじめてのフルオーダー。
はじめてのIndependent Fabrication。
はじめてのステンレススチール素材。
はじめてのステム一体型ハンドル。
はじめてハンドル上部までバーテープを巻かないハンドル。
はじめてのワイヤー内蔵ハンドル。
はじめてのROTORクランク。
はじめての楕円リング。
はじめてのSRAMコンポーネント。
いくつかのはじめてを捨てて。
そして、乗り越えて。
オトナになっていく。
c0093101_2353324.jpg
c0093101_23532085.jpg
c0093101_23533286.jpg
c0093101_23533333.jpg
とにかく。
はじめて尽くしの部分と。
これまでのこと。
総てが混じって完成したIF。
この自転車を組み付けるにあたって。
はじめて試してみたアイデアも少なくない。
調子が良ければカスタマーの自転車にも取り入れさせていただこう。
常にチャレンジング。
絶対に自分で試すのがマナー。
其れが気付かれないレベルであっても。
とても小さなことでも。
新しいことに挑戦をしたい。
c0093101_2085271.jpg
c0093101_209328.jpg
c0093101_2084255.jpg
小さなことがたくさん詰まって、積み重なって完成したIF。
自転車には一台、一台、ドラマがあるものさ。
どんな自転車にも。
ライダーの想いが投影された自転車であれば尚更。
そんな自転車と向き合う事ができる。
向き合わせていただいている自転車屋という仕事が楽しい。
楽しくて仕方がない。
リスペクトしている。
c0093101_2091876.jpg

by astronautics | 2013-01-27 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 月ひとしずく XL振興会 >>