XL振興会 Phase2

ハードコアーに見せられた。
其れはオレンジ色の宝石だ。
そしたら、ハードコアー。
ブルーも見てきたことをほのめかす。
ハナシ半分。
わたしは帰宅して。
すぐに書庫の書物をあさった。
百科事典をくまなく見ても、調べても。
見つける事ができないブルーのクリスタル。
代わりに。
そう。
代わりに、と言ってしまってはヘンではあるが。
カモフラージュで隠されていた、見えなかったモノを見つけたよ。
其れはカモ。
c0093101_19261742.jpg
カモ。
そうきたか。
カモ。
カモフラ柄なら迷彩で。
鴨が鴨ならネギ背負う。
芹沢鴨は寝込みを襲われ。
わたしはカモの眼鏡を得る。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19262067.jpg
c0093101_19261366.jpg
やはり。
ファッションサイクリストたる者。
酔狂領域のサングラスをかけたいものだ。
そう。
カレ。
まさに、カレがそうであるように。
テイラー・フィニーはテキストフレームに穴空きのレンズ。
こんなXLは、他では見た事が無い。
まさに酔狂。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-05-08 23:50 | XL振興会
<< Golden Child スタートしている >>