リエージュを見ていた

わたしは見ていた。
リエージュ・バストーニュ・リエージュ。
ここ10年は後半の30kmまでには小集団化していた展開が、今年は違っていた。
40人は超えるのではないかというほどの集団を維持する。
其れはルドウトを越えても。
サンニコラを過ぎても。
小さなアタックはあるが。
長続きしない。
この現象に、近年のロードレース界の浄化を見るのは考え過ぎなのだろうか。
c0093101_0145592.jpg
c0093101_015539.jpg
c0093101_015575.jpg
マーティンが勝てたのは。
ヘシェダルの積極性があったからに違いない。
ジロのチャンピオン。
少人数の逃げ集団の皆が積極性が高いわけではないと思い知らされたヘシェダルの走り。
これは現実にも行かせるのではないかと。
まずは妄想を走らせてみる。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-04-26 23:30 | 盆栽実況中継
<< コンテナに横付け Cloud Body >>