11Sのみちはどこに続くのか

SRAMの11Sのレバーがやってきた。
右だけ。
フロントはなにも変更が無いと思っているから1段増えた右だけを注文すれば其れでいい。
SRAMは左右別々でレバーを販売している。
其れはともかく。
わたしはアイエフを11Sにすることにした。
あとはチェーンにスプロケットを換えればいい。
そういうお手軽な方式であるが。
レバーは塗装をしてもらっているために。
こうしてレバー自体の組み替えが必要になったということ。
カンパニョーロもそうだが。
こうしてレバー内部の組み替えをしていると、工場ではどのように量産されているのだろうかと思いを走らせることになる。
工場務めのご婦人方はものすごいスピードでこのレバーを仕上げているに違いない。
もっと組みやすい道具を持っているに違いないと。
c0093101_1435378.jpg
c0093101_14354065.jpg
c0093101_14354447.jpg
c0093101_14354879.jpg
c0093101_14354657.jpg
時代は局地戦から総力戦へ。
とってかわってしまったのだ。
11Sにすれば10Sのレバーが余る。
右だけ。
其れはどこに行くのだ?
行ってしまうのだ?
行くこともなく。
部屋の片隅で転がることになるのか?
by astronautics | 2013-08-26 23:50 | 自転車とヨシダ
<< トップオブフルーツ L'esthétiqu... >>