11Sのみちはどこにいってしまうのか

あれは何だったのだろう。
わたしは探していたのかもしれない。
其の景色。
見れば単純。
実にシンプル。
すんなりいくのだから。
うすらと想像や妄想。
していたのかもしれない。
真面目とは何だったのか。
そういう気持ちやこゝろの起伏。
其れらが問われる結果になったのだ。
c0093101_043549.jpg
c0093101_043126.png
c0093101_0425888.jpg
c0093101_04318.jpg
c0093101_043225.jpg
目の前に道がある。
いくつかある。
選ぶ道に迷う。
11Sの道ならば。
明確であるのは3本であるが。
其の1本は複雑怪奇にまとまった。
しかし。
シンプルなほうを選べばいいだけである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2013-09-30 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 明日のホィールを考える会233 心配御無用 >>