バーテープ進化論

ロードレーサーを構成する数少ないパーツのひとつであるバーテープ。
ときに巻かぬ輩も見かけるが。
これは欠かせぬパーツであると呟いておこう。
かつてのコットンがコルク製になり。
本革もあればビニールの素材で様々な種類が出てきた。
厚さに薄さ、色も様々なのは古来からのものであるが。
基本は自転車に合わせたい。
そこにリスペクトがある。
c0093101_12554924.jpg
c0093101_12552674.jpg
c0093101_12555189.png
c0093101_12552535.jpg
c0093101_12554985.jpg
バーテープの進化は停まることを知らぬようだ。
かつてはスプラッシュ柄と云われた一見すると古い印象にある柄も。
ミリタリーカラーを散りばめればカモフラージュになり。
パンチングされた表皮から覗かせれば、万華鏡の印象になる。
かつてあった古いものが再編集と再構築により生まれ変わった印象。
リスペクトがある。
by astronautics | 2013-10-21 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 明日のホィールを考える会234 なにを見て、なにを考える >>