3分の1のコンポーネント選び

よくよく考えたら3分の1だ。
割り切れない気持ち。
いやいや、キレイに割り切れる場合もあるさ。
分母が都合良ければ。
そういう都合。
好都合。
出会いがどうだったとか。
タマタマ付いてきたモノだとか。
もしくは、恋いこがれてやっと手にしたとか。
色々御意見はあることだろう。
趣味のモノ選びだ。
しがらみは無くとも。
イデオロギーはあるのか。
其の真意とは?
c0093101_164731.jpg
c0093101_16459.jpg
c0093101_164596.jpg
c0093101_1642072.jpg
コンポーネント。
自転車の神経である。
其の神経細胞は精密か?
はたまた敏感か?
よく走り、よく停まる。
変速はよどみなく決まり。
操作して楽しい。
離れても見ていて惚れ惚れとする。
そうだ。
忘れてはならないのは、長く居ても錆びない関係。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1642686.jpg
c0093101_1643661.jpg
c0093101_1643843.jpg
c0093101_1612843.jpg
この機会にコンポーネントを再考している。
はじめての自転車にはシマノのティアグラ9段。
そこからアルテグラの9段にして。
中古で付いてきたカンパニョーロのケンタウル10段に感動して以来。
ずっとカンパニョーロだったわけだけど。
アメリカンとの出会いでスラムにも感化。
ロードのツーリング用とシクロクロスはスラムになった。
そんな遍歴。
理由があるよ。
歴史も少しあるよ。
そして。
リスペクト。
もちろんあるよ。
by astronautics | 2013-12-18 23:50 | 自転車とヨシダ
<< ダッシュよろしく 男の一生 >>