機材を選ぶということ

コンポーネントとひとクチに言ってもかつてはそんなものは無かった。
ギアはギア屋が。
クランクはクランク屋。
ブレーキはブレーキ屋。
変速機は変速機屋が造っていた。
其れが今はどうだ?
いつの間にやらまとまって、ひとつの会社が生み出すというわけ。
カンパニョーロは昔からあったし。
かつてはサンツアーやマヴィックもあったりした。
けれども、時代が進んで島のとカンパニョーロだけになった。
其の2強時代から数十年後。
SRAMの出現でコンポーネントは3つになったわけだ。
c0093101_23229100.jpg
c0093101_23222010.jpg
c0093101_2322152.jpg
c0093101_23221044.jpg
c0093101_23221064.jpg
c0093101_23221165.jpg
c0093101_23221743.jpg
c0093101_232212100.jpg
性能と実績。
かつてはヒール役だったはずのシマノは今や純然たるベビーフェイスだと云える。
代わりにヒールになったカンパニョーロは美しさでどうにかしようとしているが寄る年波は避けられず。
息が切れそうだ。
そこでスラムはどうかというと。
まだまだ若々しい荒削りのヤングライオン。
将来のヒール候補であるが。
まだまだ役不足。
シマノやカンパニョーロに試合をつくってもらうこともしばしば。
by astronautics | 2014-02-08 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 来る波動は不発に付 シャークしてシャークされる >>