シクロクロス世界選手権を見ていた

世界選手権を見ていた。
シクロクロス界のレジェンドであるネイスとシクロクロスをほぼ卒業しているステイバーの一騎打ちになった。
中盤からふたりで周回を重ねる。
クレバーさを漂わせながら走るレジェンドと。
アグレッシブな走りでミスを挽回するステイバー。
ミスの回数自体はステイバーのほうが多かったが。
決定的なところでミスしてしまったのはネイスのほうだった。
最後の最後は去年の世界選手権で自ら打ち負かしたファントルノウトと姿がだぶって見えた。
c0093101_17291659.jpg
c0093101_17293314.jpg
c0093101_17352697.jpg
c0093101_17341849.jpg
c0093101_1734332.jpg
これでシクロクロスのアルカンシェルはあまり見る事がなくなるだろう。
なにせステイバーはロードに転向しているのだから。
シーズンを通してシクロクロスを闘っている選手の意地を見たかったところだったが。
今回はステイバーが強かった。
そんなステイバーには今年のパリルーベをぜひとも狙ってもらいたいと思う。
by astronautics | 2014-02-03 23:50 | 盆栽実況中継
<< サイクルキャップモード 機材を選ぶということ >>