XL振興会 Phase2

たまには気分を変えた。
氷の上の調査に転じた盆栽屋。
スピードスケート陣のあまりのオークリー率に驚かされ。
さらにXLもそこそこ居ると気付かさせてもらった。
その割合たるや。
ロードにおけるXL率を上回っていると理解できた。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19204647.jpg
c0093101_19204599.jpg
c0093101_19291294.jpg
c0093101_19204546.jpg
c0093101_19205080.jpg
c0093101_1921883.jpg
表彰台を席巻してみせたオランダ勢のひとりのようにノーグラスもしばしば居たが。
やはりスケート。
上目遣いにはXLの視界が求められているようである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-02-13 23:40 | XL振興会
<< シェーのカー16 機材を選ぶということ >>