機材を選ぶということ

コンポーネントの選択肢は3種類なわけだが。
この選択に深い悩みをするわけでもなく。
もしかするとほとんどのヒトは決まっているのかもしれない。
フレームを何にするかということのほうが重要で。
ホィールをどうかしようということのほうがより重要視されていることなのかもしれない。
そう。
ふと思ったのである。
c0093101_137396.jpg
c0093101_137492.jpg
c0093101_137410.jpg
c0093101_13755.jpg
c0093101_1371348.jpg
c0093101_1372359.jpg
コンポーネントはなかなか壊れない。
だから交換の機会も少なくて済むとも云える。
部分的に壊れても。
まさか全取っ替えということにはなりにくい。
そういうことでコンポーネントはカラダに染み付き。
肉体と共棲をするようになる。
ある意味での人車一体。
さて、そこで機材を選ばんとするのは何か。
性格か。
生き方か。
つまり、そういうところから機材は選ばれているということなのかもしれない。
そう。
思ったのである。
by astronautics | 2014-03-20 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 盆栽屋の別注物語 靴を見つめていると >>