Corvidはどこからやってくる?

昨今の隆盛著しいハンドメード系のフレーム。
ハンドメードというだけに。
ほとんどのブランドが金属で。
オーダーのほとんども金属であったりするわけであるが。
ことアイエフに関してはカーボン素材を使ったフレームが存在している。
そこにリスペクトがある。
c0093101_16451162.jpg
c0093101_16451442.jpg
c0093101_16451938.jpg
c0093101_16452213.jpg
c0093101_1645262.jpg
c0093101_16453212.jpg
フラッグシップでチタンラグ&カーボンパイプのXS。
フルカーボンのラグドフレームであるCORVID。
其のクロスバージョンであるJESTER。
さらにはTiフレームのシートチューブのみをカーボンパイプにしたTi FACTORY LIGHTWEIGHTがある。
もっと云えば、このモデルだけシートピラーがISPだったりする。
c0093101_16452881.jpg
c0093101_16453675.jpg
c0093101_16453873.jpg
c0093101_16461846.jpg
c0093101_16461864.jpg
さて。
こういうフレームの紹介をすればいつも。
高い高いの大合唱。
けれども、吊るしの値段もそれなりに追いついてきた。
C60においては追い越されてしまった。
オーダーが出来るカーボンフレーム。
あとはブランドの信仰か。
リスペクトはどこにある?
オマへのこゝろのなかにこそある。
by astronautics | 2014-04-11 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 生きている時間 シェーのカー25 >>