XL振興会 Phase3

ある夜。
病状の告白をすれば。
数名から遠ざかられる。
そうか。
黙っておけばよかったのか。
そう思うのもしばしばであるが。
吐いてスッキリ。
というほどのこともないし。
この傾きはシムや隙間のあるハナシではなし。
永遠のテーゼ。
そういうほどのこともない。
c0093101_1612783.jpg
c0093101_1612715.jpg
c0093101_1614734.jpg
c0093101_1614879.jpg
c0093101_1614885.jpg
さて。
病魔に巣くわれるママのわたしは。
金のゴールドが欲しいと云った。
もちろん買いはナシ。
造作なくして入手もなし。
創造もなし。
と云うシロモノ。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-06-08 23:50 | XL振興会
<< 機材を選ぶということ Shark is killed... >>