機材を選ぶということ

モックはどうだと云われれば。
ヨックはモックでヨックモックだと。
デパ地下。
素肌のようなクランクセットに化粧が施されればまた見え方も違う。
ああ。
クランクの裏にも化粧がはいるのか。
そういう両面ツラにして。
レバーも派手な印象に。
うーん。
ここは、カンパニョーロユーザーの意見を聞く事にしよう。
わたしは既にスラム派という派閥に移籍している。
c0093101_18482292.png
c0093101_18481549.jpg
c0093101_18481292.jpg
c0093101_18481592.jpg
c0093101_18491423.jpg
c0093101_18491571.jpg
c0093101_18491524.jpg
クルマ屋でもそうだが。
かつてあった良いデザインとされるレガシーやアーカイブがあるにもかかわらず。
其れを現代に再生させて打ち出すというようなことはほぼ無い。
其れはナゼか?
レース屋の意地なのか。
よくわからない。
マーケティング的にそうなのか。
哲学のみで生きているとこうなるということなのだろうか。
しかし、そんな哲学ももはや失われたと云われてしまう始末。
歴史は繰り返す。
by astronautics | 2014-05-19 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 機材を選ぶということ >>