機材を選ぶということ

近年はどうしたことだろうか。
チラ見した未来をドキワクで待つこともなく。
古きを惜しみ、無くなりそうなモノに手を伸ばす。
もしくは備蓄するという。
刷新という言葉。
改良という言葉。
この言葉に真のリスペクトがあればそういう事に向き合わずに済むというのに。
事象は簡単ではないので難しい。
c0093101_20223873.jpg
c0093101_20223760.jpg
c0093101_20223719.jpg
c0093101_20223851.jpg
c0093101_2022398.jpg
c0093101_20223998.png
いたいけな改良もヒトによっては改悪である。
自転車の機材選びに残る保守派。
そういった向きは真性の保守派である。
そこにもリスペクトがある。
by astronautics | 2014-06-09 23:50 | 自転車とヨシダ
<< RichMitchに似顔絵を書... XL振興会 Phase3 >>