機材を選ぶということ

こうしてコンポーネントのことをまさぐり続けていると。
無視できないのは歴史のハナシ。
現代の枠から選ぼうと云うのだから。
そういう過去の歴史は抜きにしてもよさそうだが。
歴史は繰り返す。
そこにリスペクトがあるので歴史を知らないわけにはいかない。
c0093101_175686.jpg
c0093101_175657.png
c0093101_175763.jpg
c0093101_175793.jpg
c0093101_1751365.jpg
c0093101_17519100.jpg
c0093101_1754288.jpg
今回のカンパのクランクショックで誰もが思った。
シマノの生き写しではないかと。
そう感じた。
けれども、とある歴史の生き証人からこの言葉を云われてわたしは考えを変えた。
其のヒトいわく。
カンパニョーロがなければ今のシマノもナシ。
確かに其の通りだ。
カンパが開発したモノといったらクイックリリースくらいかと思っていたわたしに。
パンタグラフ構造のリアメカもカンパニョーロ発ですよ。
そう教えてくれたのは。
其の方だった。
リスペクトがある。
by astronautics | 2014-06-14 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 俊敏 >>