機材を選ぶということ

歴史の先生いわく。
わたしにとってのカンパニョーロは50周年記念モデルまで。
そうおっしゃる。
もちろん、わたしは50周年モデルを知らない。
検索をすれば出てくるが。
実物を見たことはないし。
もちろん、使ったこともない。
歴史の先生いわく。
この50周年モデルがオリジナルを残した最後のカンパニョーロであるのだそうだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18185261.jpg
c0093101_1819169.jpg
c0093101_18185061.jpg
c0093101_18185129.jpg
c0093101_1819115.jpg
c0093101_18185343.jpg
其れから進化してきた。
ブレーキがエアロになったときもあった。
そして、デュアルピボット方式も出た。
ブレーキレバーで変速ができるようになり。
ギアには変速位置が付いた。
クランクとシャフトが一体化し。
BBのネアリングはフレームの外側に出た。
どこかで見た景色。
歴史は繰り返すということなのか。
そこにもリスペクトがある。
by astronautics | 2014-06-24 23:50 | 自転車とヨシダ
<< DOにか Sock Gameを闘っている >>