砂のオンナ

砂のオンナ。
はじめの想いとは姿を変えてしまったが。
注文の多いフレームビルダー。
そういうことは確かにあった。
ハードコアー。
注文の多い盆栽屋。
そういうこともあったのかもしれない。
c0093101_1629278.jpg
c0093101_1644551.jpg
砂のオンナはレース機材。
砂漠を走るのか。
砂漠のなかに埋もれるのかはわたし次第。
機材の運命はライダーに任されたわけだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_16293100.jpg



c0093101_1629387.jpg
c0093101_1629470.jpg
砂漠に挿すのはオアシスカラー。
水が無いと生きていけない。
乾ききったノドでは声も出ない。
空の青と水の青。
ターコイズとスカイブルー。
もしくはライトブルー。
c0093101_20433822.jpg
c0093101_16444138.jpg
c0093101_1629488.png
〝Shark only be killed by Shark〟
c0093101_20434031.jpg
あるヒトは云った。
砂色。
そうして他のヒトも。
カプチーノ色。
構想段階ではライトブラウン。
見ればベージュ。
サンドベージュか。
其れならば歌もあるよと。
また他のヒトが教えてくれた。
c0093101_201117.jpg





c0093101_18145319.jpg
砂漠へ。
これからは砂漠で闘うことになるのだろうか。
ボンバイエ。
砂の器。
砂のオンナ。
自転車はオンナ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_18145352.jpg
c0093101_16524437.jpg
この機はシャークの系譜になぞらえられる。
油田地帯に侵攻したことで得たアブラ仕掛けのブレーキ。
他の皆はいまだに鉄のワイヤーを引いているというのにである。
けれども、石油王の怠慢やらで。
企画の実現は遅れに遅れてネクストメイよりももっと先。
アブラを通し。
パイプライン。
空気を抜いて純度を高めた。
つまり精錬。
其の技術すらも。
新たに獲得できたと云うわけだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_0293319.jpg
c0093101_029232.jpg
ある日のシャークのように海中を抵抗なく泳ぐことを目的された。
其れは流線形状。
見た目はそうではなくとも。
そして地を這い。
地面を確実に捉える。
かと思えば飛翔。
どこまでも飛びたい。
とはいえ、長くても2ookmちょっと。
サイの角のようにただ独り走り続けるために。
そこにリスペクトがある。
c0093101_15402956.jpg

by astronautics | 2014-09-30 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 機材を選ぶということ >>