機材を選ぶということ

チーム内でも最も機材の情事にビンカンなクリ氏がわたしの耳をノックした。
ボンサイヤーズドアー。
どうやらライバルも11Sになるとのこと。
そしたら油圧のレバーも登場して。
フォースも油圧のグレードを出してくる。
さて。
このアブラ。
SRAMはこれを油田と見るや。
大規模な投資をしてきた。
リコールでほぼ一年を棒に振ったにもかかわらず。
まったくメゲないどころか。
もっとアブラの火を晃晃と高く燃やそうというわけである。
c0093101_20262759.jpg

c0093101_20262529.jpg

c0093101_20262718.jpg

c0093101_20252076.jpg

c0093101_20262671.jpg

c0093101_20264786.jpg
こうしてSRAMが先んじて事業を、投資を行っていたかに見える景色も。
シマノはあっというまに完成度の高い機材で突き放した。
電動に油圧。
リコールのお知らせもとくに無い。
by astronautics | 2014-09-01 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 目標はなにかと問われれば >>