機材を選ぶということ

ああ、ヨシダよ。
フォークであるなら。
コレがあるぞ。
1.5は無いんだが。
コレならある。
1.25ならある。
其れを耳に入れたわたし。
はじめはなんのことだか理解できなかった。
ENVEのフォークサイズ。
1-1/8をはじめとして。
スーパーオーバーは1.5だけかと思いきや。
中途半端なサイズで、1.25というのがあるらしい。
というのも。
ときにスチールフレームには太すぎた1.5。
だから、1.25の需要が図られたというわけである。
c0093101_21303046.jpg
c0093101_21265949.jpg
c0093101_2127282.jpg
c0093101_21271876.jpg
c0093101_21271724.jpg
c0093101_21271818.jpg
c0093101_21265937.jpg
c0093101_21271611.jpg
フォークが変わればヘッドも変わる。
1.5にはinset7。
1.25にはinset8。
そういうことになり。
もちろん盆栽屋の手元にはinset7のヘッドパーツしかなく。
まさかこの時期にターコイズのinset8のターコイズは簡単には入手できないだろう。
見た目には大きく差異の無い2種類。
この際。
スピード重視であるほうのパーツに行こうとはボンバイエ。
これは兵法の教へには背くことではあるが。
2正面作戦を採ることにしたんだ。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-07-26 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 機材を選ぶということ >>