機材を選ぶということ

無いはずのものを見つけると云うのは。
覚悟の居る作業なのかもしれない。
そこにリスペクトがある。
ターコイズを探しに出た部隊にはとくに負担をかけてしまうのかもしれない。
なにせ。
ターコイズは限定である。
すでに受注は完了して。
納品まで終わっているのである。
チーン。
そんな擬音が聞こえてきてもおかしくないわけだが。
一部がオカシイわたしはというと。
探すわけである。
文字通り。
なんらかのコネクションを伝い。
音信不通の連絡先にも火を灯し。
針の穴の先を見るようにして。
探し続けるんだ。
わたしは。
c0093101_2152556.jpg
c0093101_21525948.jpg
c0093101_2153327.png
c0093101_2153556.jpg
c0093101_21532657.jpg
c0093101_2153757.jpg
c0093101_21533083.jpg
c0093101_21533133.jpg
c0093101_21533454.jpg
困難を極めるターコイズ部隊。
しかし、コチラが見つかったほうが其の先は明るい。
なにせ。
コチラに合うフォークは先方にあり。
ヘッドを手にしたわたしはパーツ手に握りしめて。
まさに座してフレームの完成を待てばいいわけなのであるから。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-07-27 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 気持ちが自転車を走らせている 機材を選ぶということ >>