機材を選ぶということ

盆栽屋の2正面作戦。
其れではフォークはどうだろう?
これに関しては国内代理店でも取り扱いがある。
さらには限定品ではない品物。
見つかる確立はターコイズよりも高い。
だから、部隊の雰囲気に緊張感はなく。
なにかリラックスしたところまである。
c0093101_2213842.jpg
c0093101_2213963.jpg
c0093101_2212625.jpg
c0093101_2212650.jpg
c0093101_2212752.jpg
c0093101_2214278.jpg
c0093101_2212934.jpg
c0093101_2222833.jpg
c0093101_2214342.jpg
しかし、フォークは見つかったとしても。
それからが大変になる。
忙しいと云えるのかもしれない。
買ってから先方に持ち込まなければならない。
若しくは、そのまま送らせるか。
無事に届くのか?
届く範囲は14時間の時差になる。
まさに眼の届かない範囲。
其れだけでも心配であるし。
費用も余計にかかるというわけである。
by astronautics | 2014-07-28 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 気持ちが自転車を走らせている >>