機材を選ぶということ

サイの角のようにただ独り。
わたしはフォークを探していた。
と、思いきや。
わたしはサイの角のようにただ独りではなかったのだ。
みんながフォークを探していた。
いつの日か再生産をされ。
ストックが回復する日を待っていた。
チェックした。
気にしていた。
リスペクトがあった。
c0093101_23481646.jpg
c0093101_23481650.jpg
c0093101_23481311.jpg
c0093101_23481711.jpg
c0093101_23481421.jpg
c0093101_23481873.jpg
c0093101_23481530.jpg
c0093101_2348194.jpg
フォークがなければ食事ができないわけではない。
わたしは日本人だ。
いまや異国のヒトであろうとも箸を使う事ができる。
いや、違う。
自転車の場合はどうだ。
フォークがないと走る事すらできない。
オーダーしたフレームは完成せず。
組み付けをすることも。
乗る事すらできない。
自転車が最低限のパーツで組まれていることを証明するエピソードである。
by astronautics | 2014-08-07 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 機材を選ぶということ >>