機材を選ぶということ

サインはした。
もう修正は不可能。
フォークもリストックされていることだろう。
溶接は済んだのか?
塗装も、だ。
気をやきもきとさせたところで。
ニューハンプシャーのニューマーケットには届かず。
届くはずもない。
だからわたしは待つしかなく。
ほかにできることと言えば。
祈るか。
遠くを見るか。
つまり神頼みってことだ。
リスペクトがある。
c0093101_16202772.jpg
c0093101_16203747.jpg
c0093101_16204429.jpg
c0093101_16205076.jpg
c0093101_16202238.jpg
c0093101_16202442.jpg
さて。
想いは遠くに残した。
アタマの上をぐるぐるとミラクル状にまわっていたとしても。
其れは無視しよう。
鹿頭。
だって。
待つしかないのである。
鹿は鹿でもいまは待つ鹿。
by astronautics | 2014-08-13 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 機材を選ぶということ >>