機材を選ぶということ

自分はいったい何者なのか。
なぜこのフレームをオーダーした。
チタンに乗りたかったのか。
カーボンがいのか。
アルミは無いな。
ラインナップも無い。
c0093101_1731672.jpg
c0093101_17311885.jpg
c0093101_17311299.jpg
c0093101_173152.jpg
c0093101_1731413.jpg
c0093101_1731596.jpg
c0093101_173149.jpg
自転車のフレームにおいては。
素材ということに議論がなされることがママある。
かつて鉄しか選択肢がなかったころは。
鉄にもいろいろ語られたもので。
しかし、今では鉄は鉄だと一緒くたにされる。
アルミだってそうだった。
アルミが制した時代の短期間においては番手が語られていたように。
カーボンにもそういうときがあった。
其の誤差。
誤差とはいえども、されど誤差。
マニアな世界では重要視される差である。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-07-18 23:50 | 自転車とヨシダ
<< シェーのカー31 Seersucker will... >>