機材を選ぶということ

チタンファクトリーライトウェイト。
長い名前だ。
本当にそう思う。
さらにブランド名もインデペンデントファブリケーションなわけだから。
インデペンデントファブリケーションのチタンファクトリーライトウェイトなんです、なんて。
とても長い。
けっして言いにくい言葉ではないし。
舌を巻く事なんて無いわけだが。
其れでも長いと思うわけだ。
さて。
そんなチタンファクトリーライトウェイト。
通常のチタンフレームであるチタンファクトリークラウンジュエルの軽量バージョン。
単純に軽量という以外にもプレスフィットBBやスーパーオーバーサイズのヘッド、カーボンシートチューブにISP仕様。
さらには特徴のあるエンド金具。
そういうスペヒャル機構が満載されているのである。
c0093101_18265168.jpg
c0093101_182719100.jpg
c0093101_18265033.jpg
c0093101_18271834.jpg
c0093101_18264933.jpg
c0093101_18271799.jpg
c0093101_1826482.jpg
例えば。
チタンクラウンジュエルにいずれかのオプションを盛り込むとなると。
チタンファクトリーライトウェイトに金額の面で肉薄するのはおろか。
ヘタをすれば超えてしまうと云う。
そういうわけでチタンファクトリーライトウェイトはお買い得と云えてしまうわけ。
わたしも其れを知らずにオーダーしたわけだが。
あらためて見ると得した気分がして良かったね、というわけなのである。
リスペクトがある。
by astronautics | 2014-08-22 23:50 | 自転車とヨシダ
<< ベッティーニモデルが出ると云うので 盆栽回想録 >>