機材を選ぶということ

機材を選ぶという過程で。
色を選ぶという作業も出てくる。
わたしは見ていた。
この自転車はレース用。
癒しの存在。
美しいとかそういうよりは。
闘いを鼓舞するような。
ドラムみたいな響きが欲しい。
戦闘色。
其れは難しい事ではない。
ありふれた。
見慣れた。
よくあるものだからである。
そこにリスペクトがある。
c0093101_16571165.jpg
c0093101_16571116.jpg
c0093101_16571248.jpg
c0093101_16571221.jpg
c0093101_1657113.jpg
c0093101_16572045.jpg
あるときは砂色。
そしてまたあるときはカプチーノ色とまで云われた。
案外と優しい色になったものだ。
色をどう見るかは色眼鏡。
其の感情の感想になる。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2014-09-20 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ 機材を選ぶということ >>