機材を選ぶということ

フレームを選ぶということにおいて。
安全性は既に通過した信頼関係だと思っていた。
しかし、ホームメードともなると事情が違うようで。
例外の一例を出す。
そもそも。そもそもである。
異様なクセのあるジオメトリーの自転車なんかも。
もしかすると安全性が度外視されているのではないかとも思えたりするのだが。
勝手に壊れるとか。
やはりそういう件は論外の想定外であると思いたい。
そこにリスペクトがある。
c0093101_17274171.jpg
c0093101_17282131.png
c0093101_17282182.jpg
c0093101_17282386.jpg
c0093101_1728229.jpg
c0093101_17282456.jpg
c0093101_17282379.jpg
さいわいなことに。
わたしが今まで選んできたフレームは勝手に壊れる類いのモノは存在しなかった。
思い出したけれど初めて
by astronautics | 2014-09-21 23:50 | 自転車とヨシダ
<< サイの角のようにただ独り逃げよ 機材を選ぶということ >>