機材を選ぶということ

これには驚いてしまった。
チタンファクトリーライトウェイトのシャークと。
エスエスアールのクルーザー。
組み付けてみればほぼ同じ重量だったのだ。
明らかに重いハンドルセットが付くSSRも。
油圧にパワーメーターにバーナーという付加価値重量が加わったチタンファクトリーライトウェイトに肉薄してしまったのである。
フレームで比較すれば何gの差があったのだろうか。
ISP方式とそうでないフレームを単純比較ができないので困るのだけれど。
フレームが軽いのは明らかにチタンファクトリーライトウェイトのはず。
だったはず。
はず。
c0093101_172935100.jpg
c0093101_17294159.jpg
c0093101_17293417.jpg
c0093101_17294745.jpg
c0093101_1729445.jpg
c0093101_1729524.jpg
c0093101_1730089.jpg
c0093101_17295567.jpg
c0093101_17301284.jpg
金属フレームに乗るようになると。
今まではまったく気になっていなかったパーツの重量が視界にはいるようになる。
足し算と引き算を思い出して。
夢想の計算マシーンになってしまうのである。
by astronautics | 2014-09-26 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 機材を選ぶということ やはりウィギンズはカッコいい >>