機材を選ぶという事

わたしは知った。
もはや変速の良い。
つまり質が高い。
そういうギア板は存在しないという事に。
だってそうだろう。
そういう高性能なギア板は総てクランクに付いている。
セット販売で、クランクへのリングの固定方法もメーカーのよって様々だ。
かつてはギア板はギア板のメーカーがあった。
ROTORやオーシンメトリックなどはそういう存在に近いが。
楕円がメインである。
つまりそういった付加価値的な要素が無い限り。
もう生き残る事が出来ない。
というか生き残っていない。
StrongLightにTA。
またはスギノなど。
選択肢として居なくなってしまった感が否めないのである。
c0093101_1717147.jpg
c0093101_17173741.jpg
c0093101_17173842.jpg
c0093101_17173875.jpg
c0093101_1717398.jpg
c0093101_17174071.jpg
c0093101_17174014.jpg
c0093101_17173939.jpg
そもそも。
いまとなってはPCDは3大コンポーネントメーカーで総てあきらかに規格が違っている。
そういう戦国時代なのかもしれない。
いずれは統一されるだろうけど。
カンパニョーロのアウターインナー個別で固定する方式にはSRAMは追従しないだろう。
シマノ式に収まると思うのだが。
いかがだろうか。
by astronautics | 2014-11-16 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 旅の神髄は食の探訪にあり 機材を選ぶということ >>