機材を選ぶということ

シクロクロッサーがオイルディスクになった。
足掛け2年だろうか。
いつも乗っているわけではないシクロクロスには空白の時間がある。
さらにリコールの影響ではじめは機械式のディスクだったミーのアイエフ。
機もせず。
カンチ。
機械ディスク。
油圧ディスクと。
イマドキのメインブレーキシステムを段階的に持つ事が出来たので。
このリコールトラブルも経験としては悪くなかったと思える。
c0093101_17182952.jpg
c0093101_171838100.jpg
c0093101_17183538.jpg
c0093101_17224398.jpg
c0093101_17184627.jpg
c0093101_17224580.jpg
c0093101_17224775.jpg
さて。
そんな油圧ディスクはかなりブレーキが効く。
ロードのキャリパーとはそこが違う。
引きが軽い油圧のディスクブレーキ。
機械式の感覚で引くと効きすぎる。
kろえは慣れが必要だと思う。
確実に。
まったく違和感を感じなかったロードのキャリパーブレーキとはやはり異質のもののようである。
by astronautics | 2014-12-22 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 人生に グルマンヨシダと不正表示の旅路 >>