ファッションブランドの靴

いまや盆栽屋最大の標的である革靴にもいろいろ出自があって。
ファッションブランドによる企画モノか。
靴メーカーによる定番モノに大別されると考えた。
ハードコアー度で選べばメーカーによるモノが流行り廃りもなく良いわけだが。
わたしが良く手にするモノといったらファッションブランド寄りになっている。
其れはデザインがヒトクセ違うモノが欲しいということになってしまう点であるのが偽りない告白なわけだが。
身につけるモノなのでデザイン優先というわけにはいかない。
ファッションブランドの場合は自前で靴を作っているわけではなく。
メーカーに作ってもらっているので契約やいろいろの都合で依頼先が変わると。
見た目は大差ないのに実際が大きく違うということが起るのである。
c0093101_23453858.jpg

c0093101_23453996.jpg

c0093101_113459.jpg

c0093101_1134758.jpg

c0093101_1134897.jpg
かつてはトムブラウンはTrickers製だったらしいし。
Black FleeceはAlden製のロットもあった。
Aldenのコードバンは一番足に合うのでもう一足と云わず半ダースくらい保存しておきたいと思わせるのだが。
ファッションブランドの季節モノの宿命で市場のデッドストックを探さなければならないという状況。
Black Fleeceの現在の依頼先はCrocket&Jonesらしいのだが。
これは細めで、あらかじめ馴染みを取らないと足が痛むレベル。
トムブラウンはナニも違和感なくはじめから合っているのだが。
ちょっと大きいか。
それよりもリボンとカカトの鉄がジャマなので早く外してもらうとしよう。
そういう点でBlack Fleeceのほうがおとなしめで良い。
by astronautics | 2015-01-29 23:50 | スリーピースヨシダ
<< ダンディグッズが残されている XL振興会 >>