機材を選ぶということ

はじめて触るとか。
唐突に持ち込まれたパーツにたまにある。
え、これで大丈夫なの?
という具合。
正誤の判断が難しく。
もしかしたらこんなもんなのか。
果たして不良品であるのか。
これは経験と知識によってもたらされるわけで。
妙なモノだと不良品レベルでも出回っているわけで。
見つめる時間が長くなるのも仕方ないことなのである。
c0093101_1738949.jpg
c0093101_1738315.jpg
c0093101_17381462.jpg
c0093101_17382658.jpg
c0093101_17393154.jpg
c0093101_17394386.jpg
c0093101_17401696.jpg
検討段階。
対象は海のモノとも山のモノとも知れず。
目標は風をきって颯爽と走ることに一目を置いているわけだが。
果たしてコチラの出自が其れに適うモノであるかは不明である。
そして、こういうナゾの物体は。
ときに居る、よく知るという人物に問い合わせれば。
だいたいの文脈が紐解かれるわけである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-02-26 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 走らなければならない 其れは酔狂の精神に背くのだよ >>