機材を選ぶということ

あまり期待していなかったSRAMの電動。
其れは変速操作がちょっとヘンだと思っていたから。
ワイヤー式と同じ方式になっているシマノ、カンパとは違い。
SRAMの変速操作は電動とワイヤーで違っている。
でも、其れは電動用に新たに変速方式を用意したとも云え。
電動は電動の変速操作にしたという点でリスペクトがあるというのである。
c0093101_0553642.jpg
c0093101_0553994.jpg
c0093101_0554672.jpg
c0093101_055502.jpg
c0093101_0555342.jpg
フロントがダブるギアの場合。
SRAMの電動変速方式だとシフトミスが多そうな気がするけれど。
CX-1で使う環境だとそのネガも無い。
RDの変速を両手で分けて行えるので冷静なシフト操作ができるのではないかということ。
油圧ディスクとの組み合わせでフレームはクリーンに。
この電動コンポーネントがCX界に来るのは早くて来シーズンだろうか。
J-POWか、Tim氏のバイクで其の勇姿を見ることが出来るだろう。
by astronautics | 2015-03-30 23:50 | 自転車とヨシダ
<< XL振興会 肉体と精神の総てを動員したイン... >>