機材を選ぶということ

いよいよハンドルを注文しようかというときである。
其の刹那。
目的のハンドルが見つからない。
得意のうっかりミスか。
もしくは業界特有の厳選仕入れなのか。
わたしは聞いた。
すぐに手紙を書いた。
そうしたら、すぐに返事を返してくれたよ。
旧ロゴは残っているが。
新ロゴはGWあたりだという。
c0093101_19125361.jpg
c0093101_19125462.jpg
c0093101_1912549.jpg
c0093101_19125315.jpg
c0093101_1912531.jpg
c0093101_1912559.jpg
この場合の新旧の差はロゴのみ。
極論を云えば形状と軽さが目的。
つまり、モノが同じなのであればどちらでも良いということになるのだが。
いろいろと不評である3Tの新しいデザイン。
今回に限っては新しいほうが良さそうに思える。
気になる輪っかもほとんどがバーテープにより覆い隠されることだろう。
なんとかと畳は新しいほうがいい。
なんて云わずに。
この場合はカーボンハンドルと畳は新しいほうがいい。
と云うわけである。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-03-16 23:50 | 自転車とヨシダ
<< あの夜だけは 機材を選ぶということ >>