TEAM SKYはなぜにあんなにもスタイリッシュなのか

今シーズンのクラシックシーズンは。
昨年までと様相を変えて、レースはTEAM SKYの支配下にある。
今まではベルギーチームが其の役割を担うのがお決まりだったのだが。
TEAM SKYの強さと戦術が其れを実現させているのだろう。
とにかく集団の先頭を列車を組んで走っていることが多くなったと思う。
そこで黒揃えのTEAM SKYが列車になるのを見て。
とにかく眼を奪われるわけだ。
カッコいいな、と。
まさにファッションサイクリストのお手本。
そこにリスペクトがある。
c0093101_1753262.jpg
c0093101_1753543.jpg
c0093101_1753759.jpg
c0093101_1753981.jpg
このスタイリッシュ感たるや。
チームウェアーを担当しているRaphaのおかげだろうか。
今となっては其の影響も大きいと思われるが。
Raphaではなかった時代からTEAM SKYはスタイリッシュなジャージだった。
当時は背中が白かったのだけれど。
黒くてロゴの少ないウェアー。
自転車も、チームカーも。
そういえば結成当時からあまり機材やサプライヤー面での変更が少ないな。
c0093101_17531196.jpg
c0093101_17531435.jpg
c0093101_17532171.jpg
とくに今年のクラシック担当のチームはスタイリッシュだ。
わたしは、フルームやポートはカッコイイ選手として認識が無い。
だから余計にクラシックのチームが良く見えてしまう。
揃った背格好。
ファッションサイクリストのアイコンであるウィギンズをはじめ。
アイゼルも男前だ。
トーマスなんかはディスコンのジョーボーンをかけているのだが。
カレがかけていれば、なにか意味ありげに見える。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-04-12 23:50 | 盆栽実況中継
<< カスタムは一日にして パオリーニを見ていた >>