悪魔改造の誘い

ペダルを60g程度軽量化して。
ひと段落。
ちょっと満足。
けれども。
回転が悪いのがいただけない。
気になってバラしていろいろ方法を考えてみたものの。
シャフトの精度がいい加減なんだろうからどうしようもない。
という思い込み。
試しに手持ちのジャンクをあてがうと。
あれ、ゴリゴリではない。
手持ちのスカイブルーのペダルと一番相性が悪く。
新品には相性がいい。
純正のシャフトでは違いがないのに。
魔界からの製品はこのへんが謎。
これが魔術というものなのか。
c0093101_1742379.jpg
c0093101_17424122.jpg
c0093101_174239100.jpg
c0093101_17424332.jpg
c0093101_17513255.jpg
c0093101_17424522.jpg
そういうわけで。
新品のペダルヘッドに交換。
スカイブルーは丸裸でジャンク行き。
新しいペダルはホワイトになる。
思えばフツーに買うよりは高くついて苦労したスカイブルーだったけれど。
自転車に散りばめられた他のブルーな部分との色合いが合っていなかったのをずっと気にしていた。
フツーに買えていつも通りの値段のホワイトのほうがミーの自転車には合う。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-05-25 23:50 | 自転車とヨシダ
<< わたしの機材のなかのダウチェ フォーティーファイブ >>