機材を選ぶということ

機材を選ぶということに付いてくるのは。
色も選ぶハメになる。
無機質な機材はあっても。
無色の機材は無し。
REDやRecordのように赤のアクセントが決まってしまっているモノもあれば。
シマノのようにシルバーとブラックでなんでもとけ込むようなデザインのモノもある。
色は毒のようなもので。
其れだけで存在感をあらわすし。
気をつけなければ。
色に支配されてしまう。
毒まみれの自転車を今まで何度となく遭遇してきたのは色のせいだけではないだろうけれど。
c0093101_1805560.jpg
c0093101_1805326.jpg
c0093101_1804847.jpg
c0093101_1804320.jpg
c0093101_1805197.jpg
c0093101_1804657.jpg
毒にたいする許容度のようなもので。
色にたいしても個人差がある。
だからやり過ぎもやり過ぎではなく。
やってみないとやり過ぎかどうかはわからない境界線は自分でしか線を引けないということなのかもしれない。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-06-13 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 理由 XL振興会 >>