XL振興会

まさかのUS-Fitに触れることができた。
やはりRadar EVはアジアンとUSの差が大きい。
なにがそうさせるのか。
其れは神のみぞ知る。
ある意味では悪戯。
運命のなんとやら。
そして、諜報部員は最前線で新たなインテリジェンスを仕入れることになる。
USも近い。
まさかの地下トンネル?
掘っているわけがない。
c0093101_0405638.jpg
c0093101_0411946.jpg
c0093101_0405532.jpg
c0093101_0412010.jpg
c0093101_0405649.jpg
c0093101_0412027.jpg
c0093101_0405713.jpg
c0093101_0412247.jpg
これはチャンスだ。
EVが登場してきたとき。
あまり欲しい気分にはならなかった。
イヤーソックが長すぎて。
あれはハイソックスか、ニーハイか。
そう思っていたのも過去形。
衝動買いはしてないか?
EVのメリットはRadarのXL系統でPrizmレンズを装備できる唯一のアイウェアであるということだ。
JawBreakerを試してくれているカスタマーのPrizmレンズへのリスペクトといったら良いしかない。
これを試さぬ盆栽屋は無し。
ということなのである。
by astronautics | 2015-09-07 23:50 | XL振興会
<< さよならBlack Fleece パクリとパロディにおける冷静と... >>