明日のホィールを考える会 252

ENVEからハブが出るなんて。
まさかだな。
これは。
予想してなかった。
さいきんは新しいパーツを次々に投入してくるENVEだけれど。
ハブを作って来るとは。
ホントに驚きだ。
c0093101_1171537.jpg
c0093101_1171732.jpg
c0093101_1172211.jpg
c0093101_1172538.jpg
c0093101_117279.jpg
c0093101_117297.jpg
c0093101_117311.jpg
c0093101_1174595.jpg
このカーボンが部の最大の特徴はスポークを引っ掛ける部分までカーボンということ。
強度によほどの自信がないとできないと思う。
カーボンハブは今までも数あれど、胴体のみがカーボン素材でスポークが引っかかる部分はアルミだった。
この期に及んで引っかけ式なのはややウケだが。
ストレートスポーク式にして完全なる完組ホィールにしてしまおうという意図はないのだろう。
数あるハブの選択肢のひとつとしておもしろいと思う。
そこにリスペクトがある。
by astronautics | 2015-10-09 23:50 | 明日のホィールを考える会
<< XL振興会 機材を選ぶということ >>