機材を選ぶということ

SPEEDPLAYのZERO。
気がつかない範囲で絶版になっていたPINKカラーを入手することに成功した。
さて。
この手の絶版。
探してみたヒトはご存知かもしれないけれど。
けっこう見つからないと思う。
ペダルの中古なんて、、、使えたモノではない。
ジャンクパーツに持っておくならまだしも。
絶対にススメない。
なのでデッドストックか、新品になるわけだが。
そうなると本当にないと思う。
まぁ、そういうわけで釣り糸をノンビリたらして待った釣果が今回。
シャフトはクロモリだけど。
用があるのはヘッド部分なので文句はない。
c0093101_18485561.jpg
売ってくれたヒト曰く。
乾燥した所に2年も放置してたのでグリスアップしといたよ。
このペダルの状態で使わないので其の必要はないのだが。
とても親切な方だった。
クリートは新型のエアロウォーカブルだったし。
個人売買は通信販売と違ってストーリーがあるのかもしれない。
結果の善し悪しもふくめて。
其れはある意味では店での買い物にも似ていると云える。
c0093101_18485460.jpg
c0093101_18485461.jpg
SPEEDPLAYのペダルは樹脂製のヘッド部分が減って、これは消耗品で。
シャフトはヘッドを交換していれば永久に使えるなんていう認識だったけれど。
さいきんはカスタマーがお使いのモノや自分も含めてシャフトが痛んでしまうケースも少なくなくなってきた。
シャフトが減るのはニードルベアリングとの摩擦で偏摩耗しているパターンなわけだけど。
握って動かしてみるとガクガクになってる遊びがあるから確認してみて。
基本的にペダルは消耗品。
SPEEDPLAYのみならず、さいきんは樹脂製のモノが多いのでこれらは総て消耗しやすいパーツと云える。
c0093101_18485354.jpg
c0093101_18485360.jpg
ヘッドが減って、シャフトの状態が良いモノは、シャフト交換用にとっておいたのだけど。
ストックが無くなってしまった。
純正でステンレスシャフトのスモールパーツがあればいいけれど。
あるのは長さ調整用の長いモノばかり。
こうしてジャンクで良い部分を組み合わせて使うのも良いですが。
色が関係なければ新品がなによりベスト。
ペダルは消耗品。
SPEEDPLAYはバネが折れるまで使うヒトも少なくないけどクリートも、もちろん消耗品。
適時、新品に交換してリフレッシュしていきましょう。










.
by astronautics | 2016-03-29 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 早い者勝ちの理 比較的流行った色 >>