谷間かヤマか

必要があればいつでもこゝろの準備があるが。
自らの手による加工は最後の手段だと思っている。
純正の括りを超えて。
工作機械で作られた精度を超えての加工。
ブランド=信用であるならば。
手加工が必要とされる範囲はすでにブランドの信用の失墜にある。
もちろん、組むパーツに組まれるパーツ。
合わせる相性に精度差があれば埋めてあげる必要こそあれど。
最後の手段なのである。
c0093101_2026444.jpg
c0093101_20261583.jpg
c0093101_20261979.jpg
c0093101_2026238.jpg
c0093101_20263664.jpg
c0093101_20264275.jpg
c0093101_20263135.jpg
c0093101_20265987.jpg
そういう意味では。
わたしのレース機材シャーク。
純正の範囲を超えた仕事が多くなってきた。
其れは軽くするために純正を越え。
イオン抑制のために純正を越え。
数えていくうちにかなりの範囲になった。
普通に組んで。
普通に性能が保証されるとうことがいかに幸せなことかがわかるというものだ。
そこにリスペクトがある。








.
by astronautics | 2016-04-14 23:50 | 自転車とヨシダ
<< パクリとパロディにおける冷静と... 公然の秘密 >>