スペア

ピンクはもう世の中に存在しない。
あるのは中古か売れ残り。
新発売はまずない。
そう思っていたところにまさかの展開。
ジロの限定で入って来ることがある。
まさかな。
まさかね。
予備で1セットは持っておくだろう。
このあいだヘッドの部分だけを見つけて取り寄せたというのに。
さらに予備。
消耗品だから予備は必要なのだ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_19343686.jpg

c0093101_19343921.jpg

c0093101_19344165.jpg

c0093101_19344510.jpg

c0093101_19344789.jpg
スペアというのは変わらない自分への自信か。
ある意味での投資か。
そして、モノ自体も変わらないでいてくれ。
そう願う反面。
スピードプレイの進化の余地はどこになるのだろうかと。
そこまでの完成度だという認識なのだ。










.
by astronautics | 2016-05-21 23:50 | 自転車とヨシダ
<< たまにはダイエットを XL振興会 >>