Ti Factory Lightwightとは

カスタムフレームビルダーであるIndependent Fabrication。
アルミ以外の総ての素材をラインナップに揃えるアイエフ。
そんなアイエフが用意するフルカスタムモデルがTi Factory Lightweight。
カスタムフレームビルダーが用意するはじめからカスタムされたフレーム。
オーバーサイズヘッドチューブ。
オーバーサイズBB。
カーボンシートチューブ。
そして、ISPのシートポスト。
つまり全部載せというわけ。
そこにリスペクトがある。
c0093101_22111124.jpg
c0093101_2211870.png
c0093101_22111342.jpg
シートポストのクランプ部分はCNC削り出しのアルミ製。
クラウンロゴの飾り気もあるデザインされた凝った形状。
もちろんしっかり固定。
上のヤグラはチタン製。
c0093101_2211540.jpg
c0093101_22111517.jpg
このモデルにはスペヒャルなエンド金具まで用意。
アイエフのこのモデルにかける熱意がわかるというもの。
刻印部分は塗装がマスキングされて、肉抜きのポイントはライトウェイトであることを象徴的に語るのである。
c0093101_22111711.jpg
c0093101_22111919.jpg
c0093101_22112134.jpg
c0093101_22112234.jpg
c0093101_22112462.jpg
そして、アイエフのなかでこのモデルだけ。
塗装のパターンが決まっているのです。
カスタムフレームなのに?
色は自由に選べても。
塗り分けパターンはコレを踏襲しなければならない。
そうなんです。
Ti Factory Lightweightは完全にカスタマイズされたフレーム。
そこにリスペクトがある。











.
by astronautics | 2016-06-12 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 電話に誰も電話 魅惑のラーメンライフ >>