9000

わたしの記憶が確かならば。
7800のときはシフトワイヤーがまだ外出し。
シマニョ伝統のスタイル。
当時のカンパは既に11段に踏み出していたよな?
7900になってエレクトロニックショックがサイクリング市場を襲うものの。
機械式は置き去りにされたかのようにダメだったと思う。
シフトワイヤーをハンドルに内封させた7900。
レバーの形状は好みの差こそあれ。
ブラケットカバーがガバガバだった、とくに初期型。
7900だったらカンパもスラムも完全にアドバンテージを感じることができた。
そしたら直ぐに8000を飛ばした品番の9000が登場。
今回は電動に関しては違和感なさ過ぎなくらいに変更点を感じなかったものの。
機械式の完成度がスゴかった。
みんなクランクにばかり目を捕らわれがちに思うけど。
シフトレバータッチの軽さ。
そして、握り形状の良さ。
なによりブラケットカバー交換できるのかな?と思わせるほどギチギチのカバー。
FDは取り付け方法もまったく斬新に。
RDに関しては電動のような変速ショックの無さ。
摩訶不思議なウネウネ感を実現。
機械式ではない機械式。
Cは完全にパクったように見えるし。
9000買うなら機械式を買へとは盆栽屋。
自分では使わないけどね。
だけどリスペクトはあるよ。
c0093101_22501130.jpg

c0093101_2250518.jpg

c0093101_2250944.jpg

c0093101_22501473.jpg

c0093101_22501789.jpg

c0093101_22501990.jpg
ここまでの完全体を出して。
また直ぐに9100を出すと云う。
激変というよりは、牛歩に近い進化に見えるがどうだろうか。
FDなんかはワイヤー調節機能が付いてRDみたくなるらしい。
これはすごいと思う。
そんなFDはじめて!
アジャスター要らず。
組み付ける側としては便利だし見た目も良くなるし。
あの独特形状をすんなり捨て去った謎は残るが。
9100はどうなんだろうな。









.
by astronautics | 2016-07-30 23:50 | 自転車とヨシダ
<< 海老ちゃん 明日のホィールを考える会 263 >>